に投稿 コメントを残す

ベラジョンカジノの勝ち方、必勝法、攻略法について

ベラジョンカジノで勝てる攻略法は果たしてあるのでしょうか?

勝率を少しでも上げる方法、いわゆるオンラインカジノで稼ぐための必勝法や攻略法は存在します。前回の記事で紹介しました、ルーレット専用の666戦略の勝率は89%もあります。

しかしながら、はっきりと申し上げますと、ギャンブルである以上、必ずしも勝てると言う必勝法や攻略法は存在しません。

プレイヤー全員が勝ってはオンラインカジノの運営も成り立たなくなりますので、当たり前の話になりますが誰かが勝って誰かが負けるものなのです。

ただし大きな損失を抑えることによって、総合的に利益を出していけるような攻略法は存在します。

またオンラインカジノは一般的なギャンブルと比較してみても、その高い還元率(ペイアウト率)から勝ちやすい、負けにくいギャンブルとも言われています。

還元率(ペイアウト率)とは利用した金額に対して勝利した時に支払われる金額の割合です。オンラインカジノでは、この還元率(ペイアウト率)が平均すると95%以上あります。

ここで解説するベラジョンカジノの攻略法とはこちらになります。

資金管理方法

いわゆるベッティングシステムとも呼ばれています。

このベッティングシステムとは何かと説明しますと、オンラインカジノのゲームで決めた金額を賭けていく上で

  • どのくらいの金額?
  • どのタイミング?
  • どんな基準?

こちらを管理していく事によって、リスクとリターンのバランスを調整する事ができます。

バランス型攻略法

今回こちらの記事では、利益追求型あるいは損失回収型に特化しているわけではなく、堅実にコツコツと稼ぐ事に焦点を当てた様々な場面においてバランスよく使える攻略法をご紹介致します。

  1. ピラミッド法(ダランベール法)
  2. ラブシェール法
  3. イーストコーストプログレッション法
  4. 10%法
  5. 31システム投資法
  6. 10ユニット法

こちらの攻略法について解説していきます。

ピラミッド法(ダランベール法)

ピラミッド法とはダランベール法とも呼ばれています。

1単位の賭け金額を決めた後、負けた時に賭け金額を1単位ずつ増やしていき勝った時に1単位減らす攻略法です。利益率は大きくはありませんがリスクが少なく、勝率50%、配当2倍のゲームで使用できます。

例)
5ドル→勝った場合4ドル(5-4)→負けた場合5ドル(4+1)→負けた場合6ドル(5+1)

このようにピラミッド法では勝った時は-1、負けた時は+1を繰り返してベットしていくルールですので、簡単で覚えやすいでしょう。ただし、デメリットとしては、大きな利益が出しにくい点と勝敗が交互に続いてしまうと利益が出にくい点が挙げられます。

ラブシェール法

ラブシェール法とは、任意に設定した数列に従って賭け金額を変えていく攻略法で、損失額はそこまで大きくならず連勝すると大きな利益が出せます。勝率50%、配当2倍のゲームで使用できます。

例)

  • リミット額を4個~10個に分割してメモします(例は10ドルです):1.2.3.2.2→3ドル(両端の数字の合計)
  • 勝った場合:1.2.3.2.2(両端の数字を消します)→次は4ドル(両端の数字の合計)
  • 負けた場合:1.2.3.2.2.3(右端に前回負けた額)→次は4ドル(両端の数字の合計)

このようにラブシェール法では、勝った場合は両端の数字を消していき、負けた場合は前回の賭け額を数列の右端に追加して進めていきます。数列がなくなった時点で一旦ラブシェール法は終了です。デメリットとしては、メモする手間がかかる点と連勝するまでは利益が出ない点が挙げられます。

イーストコーストプログレッション法

イーストコーストプログレッション法とは、2連勝してからベット額を変更して利益を上乗せする攻略法で、連勝で利益を出しながら尚且つ損失も抑える事ができます。最初の賭け金額はいくらでも構いません。

例)賭け金を1ドルで説明します。

  1. 1回目と2回目1ドルで2連勝したとします。
  2. 3回目は直前の賭け額1ドルに、1回目と2回目の利益2ドルを上乗せして3ドル賭けます。
  3. 4回目は直前のベット額3ドルに、1回目と2回目の利益の半分1.5ドルを上乗せして4.5ドル賭けます。
  4. 5回目以降は直前の賭け額4.5ドルと利益の半分2.25ドルを上乗せして6.75ドル賭けます。
  5. 負けた場合は最初の賭け金1ドルに戻します。

負けても利益が残りますし賭け金が急激に増える事もありませんのでリスクは最小限には抑えられますが、デメリットとしては賭け方の計算が細かく、大きく利益が出せない点と3連勝が必須となる点が挙げられます。

10%法

10%法とは特定の数式を使って賭けていく攻略法で、連勝すれば利益は大きくなりますが連敗すると損失も大きくなってしまいます。勝率50%、配当2倍のゲームで使用できます。

数式はこちらです。
自己資金×0.1=次回賭け金

例)自己資金100ドルで説明します。小数点以下は四捨五入します。

3連勝の場合
1回目10ドル→110(自己資金+利益)×0.1=次回賭け金11ドル
2回目11ドル→121(自己資金+利益)×0.1=次回賭け金12ドル
3回目12ドル→133(自己資金+利益)×0.1=次回賭け金13ドル

3連敗の場合
1回目10ドル→90(自己資金-損失)×0.1=次回賭け金9ドル
2回目9ドル→81(自己資金-損失)×0.1=次回賭け金8ドル
3回目8ドル→73(自己資金-損失)×0.1=次回賭け金7ドル

このように連勝すると数式に則って増加していきますが、連敗すると減少していきますので負けても損失額は増えませんが、デメリットとしては計算が手間がかかる点と勝敗が5分5分ですと利益が出にくい点が挙げられます。

10ユニット法

10ユニット法とは目標利益を10分割して作った数列に従って賭け金額を変えていく攻略法で、賭け額を抑えながら着実に利益を出していけます。勝率50%、配当2倍のゲームで使用できます。

準備は2段階に分けて行います。

準備.1

ゲームを始める前に、以下の3つを設定します。
①手に入れたい金額(目標利益額)
②失ってもいい金額(リミット額)
③1ユニット分の金額(賭け金を表す基本単位)

①を10ユニットとして(目標利益額)÷10で①ユニット分の金額③を出します。
さらに、②を①ユニット分の金額(③)で割り、②をユニットで表します。

こちらでは、①を20ドル、②を40ドルとします。
①ユニットは、20÷10=2ドルとなり、②は50÷2=25ユニットと表せます。

目標利益額:20ドル(=10ユニット)
リミット額:40ドル(=25ユニット)
1ユニット:2ドル

準備.2

紙に1を10個書いて数列を作ります。各数字はユニット数を表します。
「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」

これで準備は完了です。

ゲーム開始

数列の両端を足して最初の賭け額を決めます。
「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」

1+1=2ユニット
1ユニット=2ドルなので、2ユニット=4ドルです。

勝った場合

数列の両端を消します。
「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」→「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

負けた場合

数列の右端に負けたユニット数を書き足します。
今回の場合だと2ユニットになります。
「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」→「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2」

次のゲームでも同様に、数列の両端を足して賭け額を決めていきます。

こちらの攻略法は目標が立てやすく数列を消せると利益が確定しますが、デメリットとしてメモを取る手間がかかる点とリミット額を上げるとリスクが高くなる点が挙げられます。

31システム投資法

31システム投資法とは「1→1→1→2→2→4→4→8→8」の順番で全9回賭けていく攻略法で、少ない賭け金額で少しずつ利益が出せます。勝率50%、配当2倍のゲームで使用できます。

こちらの攻略法では基本的に利益が出た時点で1サイクル終了ですが全9回ベットして1サイクル終了としても構いません。どこまでベットしたか分かるようにメモしておく必要があります。

連勝するほど利益は増えていきますが、デメリットとしては連勝しなければ利益が出ない点が挙げられます。

ベラジョンカジノの攻略法まとめ

今回は堅実に稼ぐ事に特化したオンラインカジノの攻略法について解説しました。

これらの攻略法を取り入れる事によって損失額を抑えて、総合的に利益を出せるように取り組んでみてはいかがでしょうか。