に投稿 コメントを残す

オンラインカジノ|どうしても賭博法による規制のみで何でもかんでも監督するのは無理と言わざるを得ないので…。

日本維新の会は、案としてカジノを盛り込んだ大きな遊戯施設の設営をもくろんで、政府に認可された地方と企業だけを対象に、カジノ事業を可能にする法案(カジノ法案)を国会に出したことは周知の事実です。
既に聞いているかも知れないですが、カジノ法案が決まると、一緒の時期にこの法案の、なかんずく換金の件に関してのルールに関係した法案を審議するといった方向性も本格化しそうです。
我が国税収を増やすための奥の手がカジノ法案になるのだと思います。この注目すべき法案が選ばれたら、あの地震で苦しめられている復興地域のサポートにもなるし、税金の額も雇用の機会も増加するのです。
どうもあと一歩が踏み出せないという方も見られますので、端的にご説明すると、話題のオンラインカジノはインターネットを用いて本当に手持ち資金を投入して利益を得る可能性のあるギャンブルプレイができるカジノサイトのことなのです。
オンラインカジノで使用するチップ、これは電子マネーを使用して買います。だけど、いま日本で使用しているクレジットカードは大抵活用できないとなっています。基本的には決められた銀行に振り込めばいいので悩むことはありません。

現在に至るまでずっと実現されずに気が休まらなかったカジノ法案が、いよいよ大手を振って人前に出せる気配に前進したと思ってもよさそうです。
スロットのようなギャンブルは、基本的に胴元がきっちりと収益を手にする体系になっているわけです。代わりに、オンラインカジノの還元率を調べると90%を超え、宝くじ等のはるか上を行く還元率なのです。
次に開催される国会において公にされると囁かれているカジノ法案、これはギャンブル界にも波紋を呼んでいます。一言で言えば、これが成立すれば、初めて自由に出入りができるカジノエリアの始まりです。
オンラインカジノというものは何を目標にするものなのか?無料のものもあるのか?高配当なゲームでも攻略は可能か?オンラインカジノの特徴を披露して、老若男女問わずプラスになるカジノゲームの知識を知ってもらおうと思います。
これからする方はタダでできるパターンを利用してオンラインカジノのプレイスタイルにだんだんと慣れていきましょう。収益を上げる方法も探し出せるかもしれません。練習に時間をかけて、何度もチャレンジして、次に本格的に始めてもその手順こそが勝つための道筋であると悟るでしょう。

どうしても賭博法による規制のみで何でもかんでも監督するのは無理と言わざるを得ないので、カジノ法案の動きとともに、取り締まりについても盛り込んだ法律作りや元からの法律の十分でない部分の洗い直しがなされることになります。
ブラックジャックは、オンラインカジノでとり行われているカードゲームであって、とんでもなく人気を誇っており、それにもかかわらず地道な手法を学ぶことによって、利益を得やすいカジノと断言できます。
いうまでもなくカジノでは単純にプレイをするのみでは、収益を手にすることは無理です。現実問題としてどのようなプレイならカジノで継続して勝つことが可能か?そういう攻略法などの知見を多数用意しています。
いろいろ比較しているサイトが相当数あって、噂になっているサイトの推奨ポイントを列挙していますから、オンラインカジノを早くやりたいという気持ちを抑えて、まず先に自分自身がしっくりくるサイトを1個選択するのが賢明です。
主流となるカジノ攻略法は、単に一度の勝負に使うものではなく、負けが数回続いても結果的には利益増幅になるという理屈のものが多いです。初心者の方でも収入をあげた美味しい攻略法も紹介したいと考えています。

に投稿 コメントを残す

ここ数年を見るとオンラインカジノを取り扱うサイトも日に日に増してきて

以前よりカジノ法案につきましては様々な論争がありました。今は阿部さんが総理大臣になったことを受けて、観光見物、娯楽施設、働き口、資本の流れなどの視点から多くの人がその行方を見守っている状況です。
やはりカジノでは知識ゼロでゲームにお金を投資するだけでは、継続して勝つことは無理です。現実問題としてどういう考えでカジノをすれば勝率をあげることが可能なのか?有り得ない攻略方法のニュースが沢山あります。
日本でもカジノ法案が現実的に議員間でも話し合いがもたれそうです。数十年、明るみに出ることが無理だったカジノ法案(カジノ運営を許可する法案)が、景気活性化の奥の手として、いよいよ動き出したのです。
当たり前のことだが、オンラインカジノを行うにあたって、実際的な現金を家にいながら稼ぐことが可能とされているので、年がら年中緊張感のある戦いがとり行われているのです。
ここ数年を見るとオンラインカジノを取り扱うサイトも日に日に増してきて、顧客確保のために、多種多様な複合キャンペーンをご用意しています。そこで、ここではカジノサイトが提供中のキャンペーンやサービスなどを隅々まで比較します!

オンラインカジノランキング

入金ゼロのままゲームとしてトライしてみることもOKです。ネットカジノ自体は、24時間いつでもたとえパンツ一丁でも誰に邪魔されることもなく、どこまでも楽しめます。
巷で噂のネットカジノは、我が国でも利用人数が50万人をも凌いでおり、さらに最近では日本在住のプレーヤーが一億円越えの利益を儲けて有名になりました。
宣伝費が高い順にオンラインカジノのウェブサイトを意味もなくランキングと言って比較しよう!というものでなく、自分がしっかりと私のお金で遊んだ結果を正直にランキングしていますから信頼性の高い内容となっています。
遊びながらお金を手にできて、高額なプレゼントも登録の際応募できるオンラインカジノが普及してきました。最近になって人気のカジノが情報誌等で紹介されていることもあって、以前よりも多くの人に覚えられてきました。
知られていないだけでオンラインカジノを使って利益を獲得している方は増えています。いろいろ試して究極の攻略するための筋道を導きだしてしまえば、想定外に負けないようになります。

いろんなサイトでみるカジノの攻略法の大半は、活用しても違法行為ではないです。けれども、カジノの場によっては厳禁とされている行為にあたる可能性も充分にあるので、得た攻略法を実践のプレイで使用する場合は注意事項に目を通しましょう。
オンラインカジノの中にもジャックポットと呼ばれる大当たりがあります。選んだカジノゲームによりけりで、配当金が日本円でいうと、9桁超の大きな賞金も夢物語というわけではありませんから、その魅力も大きいと言えます。
ネットで楽しむカジノの場合、スタッフにかかる経費や備品等の運営費が、本場のカジノと比較した場合にコストカットできますし、その分を還元率に回せるという結果に繋げやすく、顧客が収益を手にしやすいギャンブルなのです。
あなたも知っているネットカジノは、還元率に注目して見るとだいたい90%後半と有り得ない数字を見せていて、これ以外のギャンブルなどと見比べても非常に稼ぎやすい驚きのギャンブルと言っていいでしょう。
初めから高いレベルのゲーム攻略法や、英語が主体のオンラインカジノを軸にプレイしていくのは厳しいです。初めは慣れた日本語のタダで遊べるオンラインカジノから始めるのがいいでしょう!

に投稿 コメントを残す

オンラインカジノのミスティーノの特徴とメリット

現在は不要不急の外出を控えている人が増えているので、パチンコや競馬、競輪などに行く機会が減少しています。
オンラインカジノは自宅や外出先で、いつでもカジノゲームを楽しめるので幅広い年代にお勧めです。
オンラインカジノのミスティーノは、24時間365日パソコンやスマートフォン、タブレットから無料で会員登録が出来ます。
初めて会員になる場合は運転免許証やパスポートなどの、身分証明書が必要なので準備をしておきましょう。
オンラインカジノのミスティーノは日本語のサポートを行っており、簡単な手続きで会員登録が出来るのが魅力です。
韓国やヨーロッパ、アメリカなどに旅行に行った時に、本場のカジノでプレイを楽しんだ経験のある人が多いですが、自宅で居ながらカジノゲームを楽しむことが出来ます。
オンラインカジノのミスティーノでは、バカラやルーレット、オンラインスロットなどの海外で人気のカジノゲームができるのが魅力です。
口コミでも評価の高い海外サイトなので安全性に優れており、幅広い年代の会員が登録をしています。
オンラインカジノのサイトの中では、ボーナスを多く付けている所もありますが、ミスティーノはとてもシンプルでボーナスポイントはやや低いです。
ボーナスポイントは少ないですが、カジノゲームで勝った時は出金に制限がないので初めてでも安心できます。
オンラインカジノのミスティーノは、出金に制限がないのでいつでもお金を出せるのが魅力です。
入金にも制限がないので、自分の好きな金額だけカジノゲームで使うことが出来ます。
オンラインカジノのミスティーノは電子マネー決済、クレジットカード払い、ビットコインなどの仮想通貨などでも入金が出来るので便利です。
なるべく仮想通貨やクレジットカードで入金をしておくと、手数料が発生しないのでお得になります。
公式サイトは映像が美しいので迫力満点のスロット、バカラ、ルーレットなどのカジノゲームを楽しむと良いでしょう。

に投稿 コメントを残す

最大規模のベラジョンカジノを知りたい

日本にオンラインカジノが上陸してから10年位が経過しますが、昔の参加者数も増えています。

2020年にはコロナウィルスの影響もあり、自宅待機の者も増えました。それと同時に、収入が減少するサラリーマンも増えているわけです。

その中で、20代から30代の人を中心にオンラインカジノで一稼ぎ酒蔵と考えた人が増え、実際にお金を稼ごうとしています。

登録者で見ると、すでに日本人は2,000,000人を超えており、すでに大所帯になっているといっても言い過ぎではありません。

オンラインカジノにも様々な会社がある中で、1番規模が大きいのはベラジョンカジノと呼ばれるところです。ベラジョンカジノは、海外の会社が主催しており、決して日本の会社が主催しているわけではありません。よくアダルトサイトなどを見ると、ベラジョンカジノの宣伝がされています。

そのため、あまり日本人としてはまっとうなイメージはなく怪しいイメージを持っている人がいますが、しっかりとした会社が行っているので安心です。

実際に、遊ぶとなれば2種類の目的を持った人がいるかもしれません。1つ目のパターンはとにかくゲームとして楽しむパターンです。

パチンコなどでも同じですが、稼いでも負けてもパチンコと言う競技が好きな人は毎日足しげく通うことになるはずです。

それと同じようにオンラインカジノであっても、同様に好きだからやっている人もいるはずです。

これに対して、とにかくお金儲けをしたいと考えている人もおり、そのような人にとっては回収率が問題になります。

回収率に関しては95%位とされており、ギャンブルの中では高いといっても言い過ぎではありません。

とは言え、どんなギャンブルであっても100%を超える事はありません。

100%を超えてしまっては、主催会社が赤字になってしまうからです。そして何より、回収率が高くてもその結果は結局は人によるといったところが正直なところでしょう。

回収率の平均が95%でも、その人が行えば70%になるようなこともあります。

に投稿 コメントを残す

ベラジョンカジノの勝ち方、必勝法、攻略法について

ベラジョンカジノで勝てる攻略法は果たしてあるのでしょうか?

勝率を少しでも上げる方法、いわゆるオンラインカジノで稼ぐための必勝法や攻略法は存在します。前回の記事で紹介しました、ルーレット専用の666戦略の勝率は89%もあります。

しかしながら、はっきりと申し上げますと、ギャンブルである以上、必ずしも勝てると言う必勝法や攻略法は存在しません。

プレイヤー全員が勝ってはオンラインカジノの運営も成り立たなくなりますので、当たり前の話になりますが誰かが勝って誰かが負けるものなのです。

ただし大きな損失を抑えることによって、総合的に利益を出していけるような攻略法は存在します。

またオンラインカジノは一般的なギャンブルと比較してみても、その高い還元率(ペイアウト率)から勝ちやすい、負けにくいギャンブルとも言われています。

還元率(ペイアウト率)とは利用した金額に対して勝利した時に支払われる金額の割合です。オンラインカジノでは、この還元率(ペイアウト率)が平均すると95%以上あります。

ここで解説するベラジョンカジノの攻略法とはこちらになります。

資金管理方法

いわゆるベッティングシステムとも呼ばれています。

このベッティングシステムとは何かと説明しますと、オンラインカジノのゲームで決めた金額を賭けていく上で

  • どのくらいの金額?
  • どのタイミング?
  • どんな基準?

こちらを管理していく事によって、リスクとリターンのバランスを調整する事ができます。

バランス型攻略法

今回こちらの記事では、利益追求型あるいは損失回収型に特化しているわけではなく、堅実にコツコツと稼ぐ事に焦点を当てた様々な場面においてバランスよく使える攻略法をご紹介致します。

  1. ピラミッド法(ダランベール法)
  2. ラブシェール法
  3. イーストコーストプログレッション法
  4. 10%法
  5. 31システム投資法
  6. 10ユニット法

こちらの攻略法について解説していきます。

ピラミッド法(ダランベール法)

ピラミッド法とはダランベール法とも呼ばれています。

1単位の賭け金額を決めた後、負けた時に賭け金額を1単位ずつ増やしていき勝った時に1単位減らす攻略法です。利益率は大きくはありませんがリスクが少なく、勝率50%、配当2倍のゲームで使用できます。

例)
5ドル→勝った場合4ドル(5-4)→負けた場合5ドル(4+1)→負けた場合6ドル(5+1)

このようにピラミッド法では勝った時は-1、負けた時は+1を繰り返してベットしていくルールですので、簡単で覚えやすいでしょう。ただし、デメリットとしては、大きな利益が出しにくい点と勝敗が交互に続いてしまうと利益が出にくい点が挙げられます。

ラブシェール法

ラブシェール法とは、任意に設定した数列に従って賭け金額を変えていく攻略法で、損失額はそこまで大きくならず連勝すると大きな利益が出せます。勝率50%、配当2倍のゲームで使用できます。

例)

  • リミット額を4個~10個に分割してメモします(例は10ドルです):1.2.3.2.2→3ドル(両端の数字の合計)
  • 勝った場合:1.2.3.2.2(両端の数字を消します)→次は4ドル(両端の数字の合計)
  • 負けた場合:1.2.3.2.2.3(右端に前回負けた額)→次は4ドル(両端の数字の合計)

このようにラブシェール法では、勝った場合は両端の数字を消していき、負けた場合は前回の賭け額を数列の右端に追加して進めていきます。数列がなくなった時点で一旦ラブシェール法は終了です。デメリットとしては、メモする手間がかかる点と連勝するまでは利益が出ない点が挙げられます。

イーストコーストプログレッション法

イーストコーストプログレッション法とは、2連勝してからベット額を変更して利益を上乗せする攻略法で、連勝で利益を出しながら尚且つ損失も抑える事ができます。最初の賭け金額はいくらでも構いません。

例)賭け金を1ドルで説明します。

  1. 1回目と2回目1ドルで2連勝したとします。
  2. 3回目は直前の賭け額1ドルに、1回目と2回目の利益2ドルを上乗せして3ドル賭けます。
  3. 4回目は直前のベット額3ドルに、1回目と2回目の利益の半分1.5ドルを上乗せして4.5ドル賭けます。
  4. 5回目以降は直前の賭け額4.5ドルと利益の半分2.25ドルを上乗せして6.75ドル賭けます。
  5. 負けた場合は最初の賭け金1ドルに戻します。

負けても利益が残りますし賭け金が急激に増える事もありませんのでリスクは最小限には抑えられますが、デメリットとしては賭け方の計算が細かく、大きく利益が出せない点と3連勝が必須となる点が挙げられます。

10%法

10%法とは特定の数式を使って賭けていく攻略法で、連勝すれば利益は大きくなりますが連敗すると損失も大きくなってしまいます。勝率50%、配当2倍のゲームで使用できます。

数式はこちらです。
自己資金×0.1=次回賭け金

例)自己資金100ドルで説明します。小数点以下は四捨五入します。

3連勝の場合
1回目10ドル→110(自己資金+利益)×0.1=次回賭け金11ドル
2回目11ドル→121(自己資金+利益)×0.1=次回賭け金12ドル
3回目12ドル→133(自己資金+利益)×0.1=次回賭け金13ドル

3連敗の場合
1回目10ドル→90(自己資金-損失)×0.1=次回賭け金9ドル
2回目9ドル→81(自己資金-損失)×0.1=次回賭け金8ドル
3回目8ドル→73(自己資金-損失)×0.1=次回賭け金7ドル

このように連勝すると数式に則って増加していきますが、連敗すると減少していきますので負けても損失額は増えませんが、デメリットとしては計算が手間がかかる点と勝敗が5分5分ですと利益が出にくい点が挙げられます。

10ユニット法

10ユニット法とは目標利益を10分割して作った数列に従って賭け金額を変えていく攻略法で、賭け額を抑えながら着実に利益を出していけます。勝率50%、配当2倍のゲームで使用できます。

準備は2段階に分けて行います。

準備.1

ゲームを始める前に、以下の3つを設定します。
①手に入れたい金額(目標利益額)
②失ってもいい金額(リミット額)
③1ユニット分の金額(賭け金を表す基本単位)

①を10ユニットとして(目標利益額)÷10で①ユニット分の金額③を出します。
さらに、②を①ユニット分の金額(③)で割り、②をユニットで表します。

こちらでは、①を20ドル、②を40ドルとします。
①ユニットは、20÷10=2ドルとなり、②は50÷2=25ユニットと表せます。

目標利益額:20ドル(=10ユニット)
リミット額:40ドル(=25ユニット)
1ユニット:2ドル

準備.2

紙に1を10個書いて数列を作ります。各数字はユニット数を表します。
「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」

これで準備は完了です。

ゲーム開始

数列の両端を足して最初の賭け額を決めます。
「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」

1+1=2ユニット
1ユニット=2ドルなので、2ユニット=4ドルです。

勝った場合

数列の両端を消します。
「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」→「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

負けた場合

数列の右端に負けたユニット数を書き足します。
今回の場合だと2ユニットになります。
「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」→「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2」

次のゲームでも同様に、数列の両端を足して賭け額を決めていきます。

こちらの攻略法は目標が立てやすく数列を消せると利益が確定しますが、デメリットとしてメモを取る手間がかかる点とリミット額を上げるとリスクが高くなる点が挙げられます。

31システム投資法

31システム投資法とは「1→1→1→2→2→4→4→8→8」の順番で全9回賭けていく攻略法で、少ない賭け金額で少しずつ利益が出せます。勝率50%、配当2倍のゲームで使用できます。

こちらの攻略法では基本的に利益が出た時点で1サイクル終了ですが全9回ベットして1サイクル終了としても構いません。どこまでベットしたか分かるようにメモしておく必要があります。

連勝するほど利益は増えていきますが、デメリットとしては連勝しなければ利益が出ない点が挙げられます。

ベラジョンカジノの攻略法まとめ

今回は堅実に稼ぐ事に特化したオンラインカジノの攻略法について解説しました。

これらの攻略法を取り入れる事によって損失額を抑えて、総合的に利益を出せるように取り組んでみてはいかがでしょうか。

に投稿 コメントを残す

ベラジョンカジノで使える攻略法について解説します。

ベラジョンカジノも含めてオンラインカジノで使える攻略法はたくさんあります。

ベラジョンカジノを攻略

こちらの記事では、ベラジョンカジノのゲームで使える攻略法をセレクトして一つずつ解説していきます。

ベラジョンカジノのルーレット

ベラジョンカジノでは色々な種類のルーレットがたくさんあります。

その中でも、ベラジョンカジノがイチオシしているルーレット、ルーレットネオを元に攻略法を解説致します。

本日ご紹介するルーレットの攻略法はこちらです。

666戦略

ルーレット専用の攻略法になりますが勝率が89%もある、666戦略を説明致します。

チップの置き方はこのようになりますが、こちらの攻略法ではベットするための資金を多く必要とします。

666戦略

それでは666戦略の手順について説明します。

  1. 手順①:赤黒賭けの「赤」に36ドル
  2. 手順②:スプリットベット「黒」計6箇所に4ドルずつ
  3. 手順③:ストレートアップでチップが置かれていない「黒」計3箇所に2ドルずつ

この攻略法では一回のゲームで使うベット額の合計が66ドルとなりますが勝った場合は

収益が72ドルとなりますので利益は6ドルとなります。

666戦略のメリットとデメリット

攻略法の勝率が89%と高いとは言ってもメリットとデメリットは存在します。それは、どの攻略法であっても存在します。

666戦略のメリット

  • 高確率であること
  • 当たった場合は毎回6ドルの利益が得られること

666戦略のデメリット

  • 1ドルベットでも総額で66ドルが必要であること
  • 1度でも負けると66ドルの損失を取り返すために11連勝しなければならないこと

ベラジョンカジノで攻略法を使う注意点

この攻略法はリアルマネーであれば問題なく使うことができますが、ボーナスを使う場合は注意を払う必要があります。

ボーナスの利用規約に禁止行為として、テーブルゲームでは1ゲームでのベット上限額が25ドル以上のベットは出金できないとしている場合があります。

この場合ですと1ゲームで25ドルを超える66ドルベットしていますので禁止行為に該当してしまう恐れがあります。

もし心配な場合は、ベラジョンカジノのサポートは日本語に完全対応していますので確認してから使うようにした方が良いでしょう。

まとめ

こちらの記事ではベラジョンカジノで使える攻略法、ルーレット専用の攻略法である666戦略を解説しました。

まずはベラジョンカジノのルーレットのデモゲームで慣れてから実際のリアルマネーを使ってプレイすることオススメ致します。

それでは引き続き、オンラインカジノの攻略法をメインに解説していきますので宜しくお願い致します。