に投稿 コメントを残す

ブラックジャックトランプとは特徴と遊び方

“ブラックジャックトランプは名前のようにトランプカードを使用するゲームで、カジノを代表するゲームの1つとして知られています。
ブラックジャックトランプの特徴はカードの合計数で競い合い、21を超えない範囲で大きな数字を目指す点にあります。
カジノではディーラーと勝負をする形で、ディーラーよりも21に近くて1つでも大きな数字を狙うことが、プレイヤーの目的となります。
遊び方は簡単で、数字のカードとA、J~Kまでのカードを使用します。
ジョーカーは使用しないので最初に除外しますが、一方でAは1とも11とも解釈可能で、都合の良い方で数えることが可能です。
J~Kまでは一律10と数えます。
プレイヤーがまずベットをしたら、ディーラーが自分を含むカードをプレイヤーに配ります。
最初に配られるカードは2枚ずつで、この時ディーラーの手札は2枚中1枚が公開状態のオープンとなります。
つまり誰もがカードを見ることが可能な状態から始まり、カードをもう1枚引くかどうか判断することになるわけです。
カードをもう1枚引く場合はヒット、カードを引かず手札で勝負をするならスタンド、あるいはステイを選択します。
いずれもコールをせず手の動きで意思表示をするので、ブラックジャックトランプのルールを覚える際には、これらのアクションも一緒に覚えましょう。
全員がヒットを終えて勝負の準備が整ったら、手札を公開して合計点の比較を行います。
ディーラーは手札の合計が17以上になるまでカードを引くという特別なルールがあるので、この点がプレイヤーとの大きな違いとなります。”